第10巻(2012)

イメージ心理学研究 (第10巻 第1号 2012)

特集「イメージ研究への提言」

  • 『イメージ心理学研究』記念号の発行に当たって
  • 長谷川浩一

  • イメージ体験の理論的展望
  • 宮崎拓弥

  • 運動の計画・実行過程における操作対象物の軌跡イメージ
  • 今井史

  • イメージ操作の熟達に伴うイメージ操作過程の変化
    ― イメージ・エキスパートを対象にした研究から ―
  • 松本信吾

  • 大規模空間におけるOld Adultsの空間イメージについて
    ― 大規模空間のイメージ形成モデルからの提案 ―
  • 中村奈良江

  • 幼児期・児童期初期におけるイメージ変換にとっての準備的要因
  • 野田満

  • おいしさとイメージ
  • 加藤健二

  • 空想と精神的健康との関連
  • 松井めぐみ

  • とけあい脱感作法による不快な体験イメージの変容
    ― イメージの情動成分の軽減と認知の再構成 ―
  • 今野義孝

  • 心理臨床におけるイメージ
    ― 自身のイメージ研究を振り返って ―
  • 田村英恵

  • イメージ体験を構成する要因
    ― 解離のイメージ研究からの考察 ―
  • 本間美紀

  • 催眠,イメージ,言語― 実験と臨床 ―
  • 鈴木常元

  • アレキシサイミア空間
    ― 異常心理学のひとつの観点として ―
  • 後藤和史


学会会報

  • 2012年度会報(運営委員会,第13回総会・大会)
  • 会員名簿
  • 学会会則

編集後記