学会紹介



イメージ心理学の基礎および応用分野の研究発展を目指し,心理学の生理・認知からスポーツ・臨床・芸術・教育までさまざまな研究・実践領域における研究者相互の交流を目的に活動しています。


お知らせ

日本イメージ心理学会第 18 回大会は,盛会のうちに終了いたしました。 ご参加いただいた皆様,ご支援をいただいた皆様に心より厚く御礼申し上げます。


「イメージ心理学研究」掲載論文等公開の運用の開始について

 編集規程6の修正(2014年度第15回総会承認)より以降に、本学会の学会誌に掲載された投稿論文の「著作権は日本イメージ心理学会に帰属する」ことになり、編集委員会では、広くイメージ心理学研究の成果を発信していくために、論文等の公開の運用を開始することにいたしました。投稿論文以外もしくは、規程6の修正以前の投稿論文に関しては、別途、著作権譲渡に関する確認をさせていただき、随時、公開をさせていただく予定でおります。学会員の皆様におかれましては、ご協力ご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。
 現在のところ,公開が決まりました論文を以下にご紹介致します。
川原正広(2015)日本語版Dorsal-Ventral Questionnaireの作成と信頼性・妥当性の検討
岡田斉・松田英子(2014)大学生の体験する悪夢の苦痛度尺度日本語版(NDQ-J)作成の試み